214 ビュー
iPhone

2019年新型iPhoneスペックまとめ【iPhone 11・iPhone 11 Pro・iPhone 11 Pro Max】

2019年9月20日に、新型iPhoneである「iPhone11」「iPhone 11 Pro」「iPhone11 Pro Max」の3機種が発売になりました。今回はそのスペック(性能)についてまとめていこうと思います。

【スペック比較】2019年新型iPhone

本体価格(税抜き)※Apple Store

本体カラー

ボディ関連

ディスプレイ関連

バッテリー関連

メインカメラ

TrueDepthカメラ(インカメラ)

その他の機能など

iPhone 11 Pro

Proという名を持ちました。

操作を複雑にすることなく、はるかに多くの機能を加えた革新的なトリプルカメラシステム。かつてなく延びたバッテリー駆動時間。
機械学習の精度を一段と向上させ、スマートフォンにできることを広げた驚くようなチップ。Proという名にふさわしいパワーのある初めてのiPhoneです。

引用:Apple公式ページより

iPhone 11 Proは、昨年のiPhone Xsの後継機種となります。ディスプレイは5.8インチなので、今回の3機種の中では1番小さいモデルです。特に、カメラやディスプレイが進化し、”Pro”の名に恥じない性能を持ち合わせています。ナイトモードでの暗所での撮影や、超広角カメラでの迫力のある撮影が可能です。

また、本体背面のデザインが変更され、昨年の光沢有りのガラスデザインから、光沢抑えめなマットなガラスデザインへと変更されました(カメラレンズの周りの部分のみ光沢有りのガラスです)。側面は変わらずステンレスのフレームとなっています。

バッテリーは昨年のiPhone Xsより最大4時間長持ちし、18Wの高速充電の電源アダプタも付属します。防水性能も強化されていますので、スポーツなどの屋外でのアクティブなシーンでも活躍します。

ただ、今回トリプルカメラに進化した分、カメラのデザインが少し主張強めなので、そこの部分では人によって好みが分かれてきそうです。

iPhone 11 Proは、こんな人にオススメできます。

こんな人にオススメ

・スマホを片手で操作したい人

・カメラやディスプレイの画質にこだわりたい人

・本体容量がパンパンの人(512GBの本体容量を選択可能)

・高級感のあるデザインが好きな人

・水回りのシーンでよくiPhoneを使う人(料理中など)

・なるべく本体の大きさが小さめなiPhoneがいい人

・トリプルカメラのデザインに抵抗がない人

iPhone 11 Pro Max

iPhone 11 Pro Maxは、昨年のiPhone Xs Maxの後継機種となります。ディスプレイは今回の機種で最も大きい6.5インチのディスプレイを搭載しています。カメラやディスプレイの進化、デザインの変更などはiPhone 11 Proと共通で、こちらはさらにバッテリーが長持ちします。

表示領域が広いので、iPhoneでインターネットを閲覧したり、ゲームや動画、仕事の資料などを確認したりするシーンでは、他と比べると圧倒的に快適です。

ただその分、最も重量があり、唯一の200g超えのモデルとなっていますので、初めて持つ人だと重いと感じるかもしれません。

iPhone 11 Pro Maxは、こんな人にオススメできます。

こんな人にオススメ

・大画面でゲームや動画を楽しみたい人

・カメラやディスプレイの画質にこだわりたい人

・本体容量がパンパンの人(512GBの本体容量を選択可能)

・高級感のあるデザインが好きな人

・水回りのシーンでよくiPhoneを使う人(料理中など)

・本体が重くても平気な人(とは言ってもiPhone 11 Proと38gしか変わりませんが…)

・トリプルカメラのデザインに抵抗がない人

iPhone 11

すべてがある。

パーフェクトなバランスで。

新しいデュアルカメラシステムで、好きなもの、目にするものをもっと写しましょう。これまでのスマートフォンの中で最も速いチップと一日中続くバッテリーで、充電回数が減り、できることが増えました。さらに、スマートフォンの中で最も高品質なビデオが、あなたの思い出を今まで以上にあざやかにします。

引用:Apple公式ページより

iPhone 11は、昨年のiPhone XRの後継機種となります。ディスプレイは6.1インチなので、今回の3機種の中では真ん中の大きさで、作業時など見やすいディスプレイとなっています。カメラはデュアルレンズで、望遠レンズこそないものの、カメラの画質についてはProシリーズとほぼ同じで、ナイトモードなども使用可能になっています。

しかも、Proシリーズより本体価格がかなり抑えられていて、1番安価なモデルでは74,800円(税抜き、AppleStore価格)で購入することができます。

デザインは6色から選ぶことができ、選択の幅が広いです。ホワイト、ブラックのベーシックカラーに続き、新色パステルカラーのイエロー、グリーン、パープル、最後に毎度お馴染みの(PRODUCT)RED™となっています。レッドの色は昨年のレッドとは変更になり、ほんのり朱色っぽい明るいレッドに変わっています。

バッテリーはiPhone 11 Proより少し容量が多くなっています。付属の充電器はProシリーズとは違い、これまで通りの5W電源アダプタなので、急速充電をするには別売りの電源アダプタを購入する必要があります。

チップについてはProモデルと共通のA13 Bionicとなっていて、性能もほぼ同じになっていますので、本体価格が安くて、性能もほぼ同じとなると、かなりお得感があります。

iPhone 11は、こんな人にオススメできます。

こんな人にオススメ

・大画面でゲームや動画を楽しみたい人

・パステルカラーなどの可愛い色を選びたい人

・本体容量256GBまではいらないけど、64GBじゃ足りない人(128GBの本体容量を選択可能)

・いい機種は欲しいけど価格は抑えたいという欲張りさんな人

・水回りのシーンでよくiPhoneを使う人(料理中など)

・Proシリーズのトリプルレンズのデザインが苦手な人

まとめ

あらためてまとめてみると、カメラの性能以外は共通している部分が多く、iPhone11もかなり良いかと思います。チップも共通で処理性能もほぼ変わらず、デュアルカメラになったことでこれまでより様々な写真を撮ることが可能になっています。

カメラの性能にこだわりたいという人はもちろんiPhone11Pro・ProMaxを選ぶことで、これまでよりはるかに綺麗な写真を撮ることが可能です。iPhone11より高価にはなりますが、昨年のiPhoneXsシリーズよりは少し値下げになっています。

性能がそこまで大きく変わらないことを考えると次に考えるのがデザインかと思いますが、カジュアルでカラフルなデザインが好みの方はiPhone11、高級感のあるマットなデザインが好みの方はiPhone11Pro・ProMaxになりそうです。あとは、メインカメラ部分の主張が少し強めなので、そこもデザインの好みとしては分かれてきそうです。

 

※画像引用元:Apple公式ページ