90 ビュー
iPad

使ってみた!iPad OSの機能と便利性

iPad OSで全く新しい体験はもうすみましたか?
9月25日に発表されたiPad OS。もうインストールはお済みですか??
今回の更新でよりPCに近い使用感で利用出来るようになりました。改めてその機能の一部と使ってみた使用感を紹介していきます。

iPad OSにアップデート可能な対象機種

今回の新iPadのOsの対応機種は

iPad Pro11 、iPad Pro 12.9(第3世代)
iPad Pro10.5 、iPad Pro 12.9(第2世代)
iPad Pro9.7 、iPad Pro 12.9(第1世代)
iPad (第5、6世代)
iPad Air (第2、3世代)
iPad mini(第4、5世代)

が対象になっており、今回の革新的なアップデートでよりPCに近い利用できるように進化したiPadどんな機能が追加になり、どんな使い方をするのか、どんな機能があるのか改めて紹介していきます

名前にふさわしい驚きを。

iOSという同じ基盤をもとに設計されていながら、iPadは実にユニークな体験を
生み出せるようになりました。広々としたMulti-Touchディスプレイのために作られたパワフルなアプリが使える。直感的なジェスチャーで簡単にマルチタスキングがこなせる。
指先でファイルをドラッグ&ドロップできる。そんな魔法のような体験が、
新しい名前になります。iPadOSです。           引用:Apple公式HPより

 

 

ホーム画面

ホーム画面には大きく2つの変化が。

ウィジェット機能が追加

ホーム画面の左側にウィジェットの表示が出るようになった。
これにより天気予報のウィジェットやTO DO appのウィジェットを常に確認できるようになった。特に to DOのappなどはウィジェットが出ることによってより簡単に1日のタスク管理をしやすくなったのではないだろうか。ウィジェットは固定するか否かを選ぶことがき、自身の使用に合わせて変更も可能になっている。

APPアイコンの大きさが選べるように

appアイコンは1画面に表示できるのが今まで縦4個×横5個の20個表示から10個表示が増え縦5個×横6個の30個表示になります。これによりアイコンのサイズはデフォルトでは少し小さくなる。

既存の20個での大きいサイズで表示をしたい場合には以下方法にて変更も可能になっているので、もしもともとの大きさの方が良い方は参考にしてください。

アイコンサイズの変更
画面表示と明るさ→ホーム画面のレイアウトから変更
ホーム画面で表示されるアイコンの大きさを大きくすると左側にでていたウィジェットは表示されなくなり、今まで利用していた4×5、20この表示に変更可能また、新しい表示のされ方でもウィジェットを出す出さないは自分で決められる。が、時計、Siriからの提案などのものは完全に消えるわけではない。できればこれも消えればいいのにと思う。

split view が進化

同じアプリでも同時に2つ表示可能にSafariはこれまでも2画面表示をすることができたが今までできなかった、APPにも対応した。送られてきたメールを見ながら返信を書くことができる他、同時進行で確認しながら作業を行うことが可能になりこのUPDATEにより作業効率が向上できる機能が増えました

さらにSplit viewを利用した画面はappスイッチャーを利用する際には同時に起動している2画面の状態で表示される。注意したいのは2個起動しているうちのどちらか片方を終了したい時。通常のタスクの終了方法では2個のAPPごと消えてしまう。どちらかを消したいときは消した方のAPPをSlideOverの状態にしてからAPPのタスクを終了させないといけない。間違って通常に終了してしまわないように注意が必要だ。

Slide over

Slide overで開いたアプリは出したウィンドウの下のバーを左右にスワイプでアプリの切り替えができるようになっている。この機能、Safariでページの別リンクに飛んだ時にめちゃめちゃ便利。別ページに飛んだ時に、あたらしいタブできほんは新しいタブで出てくるんだけどこの機能を使えば、メインのページにslide overで出した新しく開いた別リンク先のページを出しておけば、メインのページ見ながらリンク先のページも見れる素敵仕様!筆者は何気にこの機能が一番嬉しいかもしれない。

また、Slide Overで起動したタブはアプリの切替と同じ操作をした後、アプリを上にはじくと対象のアプリを終了することができる。

Applepencilの利用の仕方

Applepencilの利用仕方がさらに便利に!
iPadOSでは、Apple pencilでスクリーンショットがとれるようになりよりスクリーンショットが簡単に。

キーボードの新機能

キーボード上で2本指でピンチインするとキーボードが小さくなって画面上をふよふよと自由自在に移動できるように。メールを打ったり、メモを取ったりなどする際にちょっとキーボード邪魔な時などままあるかとおもうけれどももこの機能を使えば邪魔にならないところにキーボードを移動させて入力もできる上に、日本語入力の状態にするとiPhoneと同じようにフリック入力も可能になるので これは結構使えるんじゃないかと思う筆者である。フリック入力になれたiPhoneユーザーには嬉しい機能かもしれない。

よりPCに近づいたiPad

iPadがほぼPC化したといっても過言ではない今回の更新で1番の進化したところがマウスに対応したことではないだろうか?今までのスクロールのストレスがかなり解消されたように思います。いまこの記事を書いている時もマウスとBluetoothのキーボードを駆使して書いているのですが、マウスがあるとマウスのホイールを使うことで簡単に画面スクロールをすることができタグの追加や画面の切り替えもサクサクな進み具合。編集に際してマウスがあるのとないのとでは作業の効率に差がかなり出ているようい思います。一つ難点を挙げるとすれば、マウスの利用中は充電が出来ない事。充電もしながらを考えるとtypeーcのUSBのHUBが欲しいところ。HUBがあれば、充電しつつの利用に加えSDカードやUSBメモリからのデータの取り込みも簡単になるというもの。値段は¥3000〜¥9000くらいではあるが、合わせて購入しても良いのかもしれない。慣れてしまえばとても嬉しいマウス対応。使いこなしてiPadをPC化してみませんか?

 

 

 

USBメモリ・SDカードに対応

更にPCに近くなった点が

USBメモリ・SDカードに対応した点。
正直ここまできたか!という機能追加。外付けドライブに対応したためデジカメから画像の取り込みやが画像などのデータを外付けのUSBメモリにうつすなどして利用していけば少ない容量の本体での運用もできるようになり、よりファイル管理がよりかんたんにできるようになりますね!ファイルビューもメタデータの確認もでき、見やすいプレビューパネルになっている。iOSとPC間でのデータのやり取りもメール等を介すことなく今回のアップデートからZip圧縮と解凍ができるようになり、 別途解凍アプリを使わなくても良くなった。

メタデータとは

データのデータのことを指す言葉で、例えるなら写真に対するメタデータはファイル名や写真に付与されたジオタグなどの位置情報、撮影日時を指す言葉でそのデータを見たときに出てくる補助データのようなもの

ますますPCに近くなり、できることが増えたiPad。これを気に更に自分にあったiPadライフを送りたいですね!