52 ビュー
Apple

【iPhone】iCloudストレージの空き容量が不足

iPhone iCloud 追加

iPhoneやiPadをお使いの皆さん。バックアップは大丈夫ですか?iPhoneやiPadはSDカードはない為、バックアップをお持ちのPCやiCloudにバックアップすることが重要です。

使っていて、「iCloudストレージの空き領域が不足しています」というメッセージが何度か表示されたことはありませんか?

iCloudって??

iCloudとは何なのでしょうか。

iCloudは、Appleが提供するクラウド上にデータをバックアップするデータ保存領域です。

バックアップを作成したり、写真やビデオを iCloud 写真に保存したり、iCloud Drive で書類を最新の状態で同期したりすることができます。

iCloudを設定すると5GB分のストレージを無料で利用できるようになります。

iCloud バックアップを作成したり、写真やビデオを iCloud 写真に保存したり、iCloud Drive で書類を最新の状態で同期したりすることができます。

空き容量が足りない時には、バックアップしないものを選ぶことで空き容量を増やしたり、有料のストレージプランに変更し、バックアップできる容量を増やすことができます。

利用できるデバイス

iPhoneだけでなく、MacやiPadなどのApple製品ユーザー

※Webブラウザーでのアクセスによって、Apple製品以外からも一部機能が利用可能

料金

  1. 無料(5GBまで)
  2. 130円(50GBまで)
  3. 400円(200GBまで)
  4. 1300円(2TBまで)

200GBと2TBのプランの場合、家族と分け合うこともできます。

データ容量を大きいものに変更した場合は、ストレージはすぐにアップグレードされ、プランの購入日に合わせて、毎月の支払い日が設定されます。

ストレージプランの料金は、プランをダウングレードしない限り毎月請求され、毎月支払い日が近付くと、お知らせメールが届きます。

 

【iCloud】ストレージが足りないときの設定方法

iPhone、iPad、iPod touch の場合

  1. 「設定」>「[ユーザ名]」>「iCloud」>「容量」の「ストレージを管理」または「iCloud」を選択します。iOS 10.2 以前をお使いの場合は、「設定」>「iCloud」>「容量」の順に選択します。
  2. 「さらに容量を購入」または「ストレージプランを変更」をタップします。
  3. プランを選択します。
  4. 「購入する」をタップして、画面上の案内にそって手続きします。

 

Mac の場合

  1. Apple メニュー >「システム環境設定」の順に選択し、「iCloud」をクリックします。
  2. 右下の「管理」をクリックします。
  3. 「ストレージプランを変更」または「さらにストレージを購入」をクリックします。
  4. プランを選択します。
  5. 「次へ」をクリックして、Apple ID のパスワードを入力します。

Windows パソコンの場合

  1. Windows用iCloudを開きます。
  2. 「保存容量」をクリックします。
  3. 「ストレージプランを変更」をクリックします。
  4. プランを選択し、「次へ」をクリックします。
  5. Apple ID のパスワードを入力して、「購入する」をクリックします。

 

この手順で、ストレージ容量をアップグレードしておけば、iPhoneのデータのバックアップが取れていない!!という心配はありません。

これから機種変更を検討中の方や

iPhoneの急なトラブルに備えて、バックアップをしておく事をお勧めします。

iPhone データ移行 ワイヤレス
【iPhone】ワイヤレスデータ転送新しいiPhoneの購入を検討されている方の中には、データ転送に不安がある方が多いのではないでしょうか。 ここでは、新しいiPho...