461 ビュー
AppleWatch

【レビュー有り】Apple Watchバンド純正・非純正の違い

この記事はこんな人にオススメ

・Apple Watchのバンドの追加購入を検討している人
・純正バンドとサードパーティ製バンドの違いを知りたい人

Apple Watchはバンドの種類が豊富で、取り外しも簡単ですぐ違うものに変えられて楽しいですよね!最近はサードパーティ(Apple非純正)製品もかなり増え、それらはお値段もかなりリーズナブルで、色々な種類を購入しやすくなりました。

でも、値段が安いのは良いけど品質はどうなの?

と考える方も少なくないはずです。今回は、Apple Watch大好き筆者が、純正のApple Watchバンドとサードパーティ製のApple Watchバンドの違いを、様々な観点からレビューしていきます!

価格について

純正Apple Watchバンド

まず初めに言わせてください。

純正のApple Watchバンド高いよ!

1番安価なスポーツバンドやスポーツループバンドでも4,800円+税です。まぁ高い。1本のバンドのみでずっと使用していく人は関係のない話かもしれませんが、たくさんの種類をその日の気分によって変えて使いたいという人にとっては、1本約5,000円は少し高いと思います。6本買ったら約30,000円ということは安めのApple Watchがもう1つ買えちゃう…なんて値段です。

こちらは高級感漂うモダンバックルバンド。なんと15,800円+税です。これでもびっくりするほどの金額なのに、Apple Watchのバンドにはさらに上がいます。有名ブランドHERMESとコラボしたバンドは35,800円+税〜と、かなり高価なバンドも存在します。

こちらがHERMES仕様のApple Watchバンド。バックル部分に「HERMES」の刻印があり、とても高級感のあるバンドになっています。

サードパーティ製Apple Watchバンド

では、サードパーティ製のバンドはどうでしょうか。価格はバンドの種類にもより、ピンからキリまでのものが存在します。純正に似せたスポーツバンドやスポーツループなどは、1,000円程度で購入できるものもあります。純正バンド1本購入するお金で、サードパーティ製バンドなら5本ほど購入することができます。これはかなりお得ですよね。

そして凄いのは、見た目がほとんど変わらないということです(バンドの種類によっては、純正より薄っぺらいものや、質感の雰囲気が違うものもありますのでご注意ください)。

皆さん思い浮かべてみてください。街中を歩いていて、反対側からApple Watchをした人が歩いてきたとします。その状態で、「あっ、この人は純正バンドだ。」「この人のバンドはサードパーティ製だな。」とはならないですよね。
筆者の友人もApple Watchを使っていますが、本人に言われるまでは使っているバンドがサードパーティ製というのはまったく気がつきませんでした。

サードパーティ製Apple Watchバンドの良いところは、価格を抑え、純正とほぼ変わらない見た目のバンドを手に入れられるところです。
また、純正に似せたバンドだけでなく、そのメーカー独自できちんと作られているバンドもあるので、純正バンドには好きなデザインが無いという人にもオススメです。

品質について

純正Apple Watchバンド

しかし、これだけ高い高いと言ってきた純正バンドですが、

クオリティ面では、やはり純正バンドの右に出るものはありません。

Apple Watch本体と接続する部分のズレの無さ、ガタつきの無さなど、細かい部分も全てピッタリと完璧にフィットするのは、さすがApple Watchの製造元であるApple純正のバンドだなと感じます。

ただ、次に記述しますが、サードパーティ製がクオリティがめちゃくちゃ低いかと言われると決してそうではありません(種類にもよりますが)。
ほんの少しのガタつきを無くす為など、細かなクオリティにこだわることで、サードパーティ製の何倍ものお金を払うことに抵抗がなければ、純正バンドはとても良いと思います。

サードパーティ製Apple Watchバンド

では、サードパーティ製のバンドのクオリティはどうでしょうか。
これは、筆者が実際に何種類かのサードパーティ製バンドを使用してみて感じたことですが、バンドの種類によってクオリティが変わります。そして、ほとんどのサードパーティ製バンドに共通して言えることが、Apple Watch本体との接続部分に若干のガタつきが見られます。使用していて気になるほどでは無いですがApple純正では無いので、値段が安い分その辺は割り切って使うしかないかと思います。

ここでは、大きく分けて3種類のバンドを、純正と比べて解説したいと思います。

スポーツループバンド

「スポーツループバンド」は、サードパーティ製でもだいぶクオリティが高いです。見た目も装着した時の心地よさも、ほとんど純正品と見分けが付かないくらいです。相当なこだわりがない限り、このスポーツループバンドに関してはサードパーティ製でも問題はないと思います。後ほど、筆者が実際に使っているサードパーティ製バンドのレビューが出てきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポーツループバンドは、2層のナイロン素材でできていて、肌に触れた時にはクッションのような柔らかい素材になっています。留め具部分はマジックテープになっていて、自分の好きな位置で留めることができます。通気性も良いのでスポーツ時などに着用すると重宝するバンドです。

スポーツバンド

「スポーツバンド」は、物や買ったお店にもよって変わってきますが、純正バンドよりも少し薄めに作られていることが多いです。
インターネットで買った安い物だと薄っぺらいペナペナなバンドが届いたこともありました。しかし、筆者が家電量販店で購入したサードパーティ製ものは、やはり純正よりは少し薄いですがインターネットで購入した物よりはしっかりしていました。

こちらはシリコン素材でできていて、そのまま水洗いなども可能です。スポーツループバンド同様に、スポーツ時に活躍します。

レザーバンド

「レザーバンド」は、サードパーティ製の物でも比較的クオリティが高いです。
先ほど記述した「HERMES」バンドは1番安価な物でも35,800円+税〜ですが、この HERMESモデルに似せたものだと2,000円〜3,000円程度で購入できるものもあります。もちろん、バックルにHERMESの刻印は無いですが、高級感のあるレザーバンドを求めている人はオススメです。

ビジネスシーンから普段使いまで幅広く使うことができるレザーバンドは、ぜひ1本は持っておきたいところです。

レビュー!純正とサードパーティ製の違い

ここでは、筆者が実際に使っている純正バンドとサードパーティ製バンドの違いを、具体的にレビューしていきます。

今回レビューするのはスポーツバンドとスポーツループバンドの2種類です。

まずは、スポーツループバンドから見ていきます。

違い:スポーツループバンド

筆者が使っている、スポーツループバンドのブラックを比較していきます。

左がサードパーティ製、右がApple純正のバンドです。パッと見た時には違いがほとんどありません。サードパーティ製の方が、少し長めに作られているようです。

色も、触った感触もほぼ同じです。

Apple Watch本体と接続する部分は、純正バンドはつや消しのようなマットな素材になっています。サードパーティ製バンドは、光沢のある素材になっています。

Apple純正バンドには、対応サイズの印字があります。サードパーティ製バンドにはこれがありませんでした。

スポーツループバンドの、Apple純正とサードパーティ製の違いは、以下の通りです。

・バンド自体の長さはサードパーティ製の方が少し長い
・触った感触や見た目はほぼ同じ
・Apple Watch本体との接続部分の質感に違いがある
・対応ケースの印字はAplle純正バンドのみ

違い:スポーツバンド

続いて、筆者が使っているスポーツバンドを比較していきます。同じ色の物が無く、Apple純正バンドはホワイト、サードパーティ製バンドはグレーの色になります。

見た目や長さは、どちらもほぼ同じです。触った感触もどちらもシリコンのツルツルした感触で、装着していて違和感を感じにくいバンドになっています。
強いて上げるとすれば、留め具のピンがほんの少し外れやすいくらいでしょうか。ただ、頻繁に外れてしまう訳では決してないので、全然気にならない程度です。

先ほども記述しましたが、Apple純正に比べてサードパーティ製のスポーツバンドは少し薄めになっています。写真で見ても少し分かりづらいかもしれませんが、実際に触ってみると少し薄いと感じます。しかし、薄いことが原因で何かトラブルが起きたりする訳でも無いので、使っていてそこまで気になったことはないです。

スポーツバンドの、Apple純正とサードパーティ製の違いは、以下の通りです。

・バンドの長さや見た目はほぼ同じ
・サードパーティ製は少し薄いですが、使っていて特に悪影響は無い

まとめ

今回は、Apple Watchバンドの、純正とサードパーティ製の違いについてまとめてみました。今回レビューしたバンドでも、メーカーによってはさらなる違いがあるかもしれません。サードパーティ製は安い分、やはりApple純正バンドより多少クオリティは落ちてしまいますが、あまり気にしない人にはとてもオススメできると思います。まぁ、Apple純正よりクオリティが高く、安かったら誰も純正バンドなんて使わなくなっちゃいますからね。仕事中に使用するバンドはサードパーティ製で、普段使いするときは純正でなんて使い分けもできると思います。ぜひ、この記事を参考にして、Apple Watchライフを充実したものにしていただけたら幸いです。

画像引用元:Apple公式ページ