83 ビュー
アプリ

iOS版 LINE「利用推奨年齢」を12歳に引き上げへ

LINEといえば、コミニケーションツールのひとつ。メッセージだけでなく、スタンプを送ったり、1対1だけでなく、グループでのやりとりができ、家族のグループなどを作成し利用している方も多いのではないだろうか?
LINEでは青少年保護を目的として、2019年12月頃より、iOS版LINEの利用推奨年齢を12歳以上に引き上げると発表しました。

iOS版LINEのみ利用推奨年齢を引き上げ

これまで、iOS版LINEの利用推奨年齢は4歳以上とされていましたが、青少年保護を目的に、2019年12月頃より、12歳以上に引き上げることが発表された。

ただし、今回はiOS版のみで、iPhone/iPod totchが対象とされており、iPadやAndroid・PC版のLINEでは変更はありません

この変更に伴い、現在iPhoneやiPod totchで利用可能なアプリの年齢設定を「4歳以上」または「9歳以上」に設定している場合、2019年12月以降もLINEを利用するには、利用可能年齢の変更が必要となります。
お子様がLINEを利用している場合、一度チェックしておきましょう。

利用可能年齢の設定方法

iOS12以降の場合

  1. 設定
  2. スクリーンタイム
  3. コンテンツとプライバシーの制限
  4. スクリーンタイム パスコードの入力
  5. コンテンツ制限
  6. App
  7. 「すべてのAppを許可」など適切な年齢設定を選択

iOS11以前の場合

  1. 設定
  2. 一般
  3. 機能制限
  4. 機能制限 パスコードの入力
  5. App
  6. 「すべてのAppを許可」など適切な年齢設定を選択

年齢制限が「4歳以上」または「9歳以上」になっている場合
12月以降、LINEのアプリが消えたり、「機能制限がONです」と表示され、LINEが開けなくなってしまうので、注意が必要です

引用:LINE