53 ビュー
AirPods

ついに発表!AirPodsPro10月30日発売開始!!

AirPods3の発売が噂されておりこのHPでもAirPods3の発売やスペック予測していたが、「AirPodsPro」として発売されました。その詳細を紹介して行きます。

発売日

2019年10月30日

販売価格

27,800円(税別)

デザイン

現行のAirPodsと見比べると少し長さが短くなり、うどん感がなくなった気がする。イヤホンの形が大きく変化し、インナーイヤーのカナル型になったことでワークアウト中に衝撃で抜け落ちてしまったりなどが軽減される事が期待できるのではないのだろうか?

またカナル式になる事で、今までのオープンタイプでは音漏れも起こっていたがインナーイヤーで密着度が高まりその心配もなくなりそうだ。

イヤーピースはラージ・ミディアム・スモールの3個が付属され自身にあった大きさで利用することができる。また、通常のカナル式のイヤホンでは耳の形にあわず、AirPodsを利用していた人も、AirPods独特の内側に向けて細くなっていくデザインは継承されているため問題なく利用できるのではないだろうか?

スペック

アクティブノイズキャンセリング

内側、外側それぞれのマイクによって環境ノイズを検知・分析しアンチノイズを作成、ユーザーの耳に届く前にノイズを消してしまうという技術。ノイズが軽減されユーザーはあらゆる音に集中する事ができるように。車内アナウンスや、友人との会話など外部の音を聞きたいときは軸部分をつまむだけで外部の音を適度に拾うことも可能。

ノイズキャンセリングは毎秒200回調整され包み込みサウンドを提供出来るそうである。音楽や映画、音声をクリアで外部音を遮断し聞く事が出来るのでAirPodsProは以前のAirPodsよりも大きな進化と言える。

AirPodsProは、ハイスペックイヤホンに位置付けしていいと思う。

コントロール

前回までのAirPodsは2回タップで「Siri起動」「再生/一時停止」「次のトラック」「前のトラック」がコントロール可能だったが、「AirPodsPro」は1回〜3回のタップと長押しに対応している点でiPhoneからの操作を少なくしイヤホン単体での操作性がUPしている。

耐汗耐水性能

通常の利用であればあまり必要ない機能のように思えるが、アスリートやジム通いをしているユーザーには待ち焦がれていた機能ではないだろうか?耐水性能はiPX4耐水性能を測る10段階中4番目と耐水性を謳うイヤホンにすればやや低めではあるが現行までついていなかったことを考えると搭載されてよかった機能であると言えるだろう。

ちょっとした雨やワークアウト中の汗には耐えられるが、もちろん水中・水上でのスポーツには使用できない。万一水に落としてしまったら普通に水没となり使用できなくなる可能性が高いので注意したい。

保証

耐水・耐汗ではあるが気をつけなければ行けない水没。1年間の製品保証はついているが残念なことに水没は対象外である。そういった場合はApple Cera+ヘッドフォンに加入しておけば水没でも修理対応が可能である。AppleCera+ヘッドフォンは3,740円で加入可能。

今年12月からのながら運転罰則強化も目前に迫りますますBlouetoothのヘッドセットの需要が高まるとは思うが、アクティブノイズキャンセリングなどの機能を有効に使い、運転中などもAirPods Proをうまく活用したいものだ。

BOSEから音楽が聴けるサングラス!機能性とスペックを分かりやすく紹介BOSEといえば、皆さんお馴染みのオーディオメーカーです。スピーカーやヘッドフォン、イヤホン等、一般ユーザーから店舗音響の企業向けまで展...
AirPods3発売日や新機能予測!ブラックモデルが遂に出るか!AirPodsが発売されて3年が経ちます。iPhone7と同じ時期に発表され2016年12月に発売されました。発売当初は品薄な状態が続き...