210 ビュー
Google

Pixel4を使ってみた#1『超解像ズーム・デュアル露出補正』

出典 SoftBank ホームページ

Google純正スマホのPixelシリーズといえば『カメラ機能』が凄いって事なので新モデルの『Pixle4』の1番の売りの一つでもある『超解像ズーム』と『デュアル露出補正を試してみた。
『Pixel3』はシングルカメラ、『Pixel4』は広角カメラと望遠カメラのデュアルカメラとなり前モデル以上にカメラ機能が進化した。広角カメラはF値1.7 1200万画素、望遠カメラはF値2.4 1600万画素、広角・望遠カメラ両方に光学式と電子式手ブレ補正機能が搭載されている。

カメラの設定は、カメラ起動後画面を上から下へスワイプすると表示される。

超解像ズーム

Pixel4は望遠カメラ搭載した事で最大ズームにしても、画質が荒くなったりはしていない。
ズームはカメラ起動後、画面をタップする事で倍率バーが表示するので、左右にスライドさせる事でズームイン・ズームアウト出来る。またピンチインやピンチアウトでも可能なので、操作が不慣れでも簡単に操作が出来そうだ。

出典 YouTube Google Japan

 

デュアル露出補正

Pixel4の新機能『デュアル露出補正』は、明るい暗いなどの光のバランスを補正する機能で撮影前から画面上で丁度良い光バランスに補正できる。上記の写真のように、逆光で撮影した場合撮りたい人物や景色などが暗くなってしまい、失敗した写真になってしまうが、撮影前に補正をかければ、しっかりとキレイな写真を撮る事ができた。また、背景をぼかす『ポートレート写真』でも露出補正が可能なので、誰でも『プロ級の写真』を撮る事ができる。
補正方法は、カメラ起動後画面をタップする事で『補正バー』が画面右側に表示される。

まとめ

広角レンズと望遠レンズのデュアルカメラとAIが自動で補正してくれる機能は、他にはない素晴らしい機能だが、iPhone11Proのような超広角カメラが搭載されなかったのが残念な点です。 しかし、写真撮影が苦手な方やSNS用の写真を頻繁に撮る方にはオススメできるスマホの1台です。『Googleがつくりたかったスマホ』は2020年春にまた進化の予定です。