94 ビュー
Apple

自分仕様で快適に!iPhoneコントロールセンターのカスタムはこうする!

コントロールセンターって実は買ったときの状態のままの方も多いと思いますが、よく使う機能をより簡単にアクセス出来たら楽ですよね?コントロールセンターにある程度のカスタマイズ性があるのは知ってますか?今回はコントロールセンターのカスタム方法をご紹介!

筆者はこのカスタム機能を利用していつも休憩時間をタイマーを使って確認しながらお昼休憩をとってたりします。

コントロールセンターの出し方

本体によって出し方が異なるのでまずは、それぞれの方法を確認していきましょう!

まずはホームボタンがあるiPhone8までの方。画面の下の方から画面上を上になぞるようにスワイプ!

iPhoneX以降の機種の方画面の右上の電池や電波マークが出ている部分から下に向かって画面上をスワイプ!

ここで出てくる画面って多くの方がWiFiの設定のON、OFFだったり、液晶の明るさを変更したり、画面の回転ロックをかけたりなどする際に利用しているおなじみの画面ですよね!

カスタマイズ方法

カスタマイズで追加できる機能

この19種類を組み合わせて自分仕様の使いやすいiPhoneにカスタマイズしていきましょう♪

カスタマイズできる部分

コントロールセンターの全部をカスタマイズできるわけではなく、一部分のカスタマイズをする権限がある状況のため図の囲われた部分のカスタマイズを行うことができる。

上の画像は参考までに初期状態のときと筆者のカスタムしたもの。意外とメモの機能をよく使うことが多く、ロック解除してからアプリ開いて入力してっていう一連の動作をショートカットしたくてここにメモの機能があったりします。記事を書く際に頻繁に利用する画面録画も筆者には欠かせません。小さな子供がいる筆者には必須のアクセスガイドもここに。この機能はなにげに重要度が高いのです。

意外と知らないアクセシビリティの活用法!iPhoneで使いこなす際に意外と便利なのがアクセシビリティ機能。 いろいろな機能がありますが、あなたはいくつ知っていて、どのように利...

カスタマイズした機能の便利な使い方

カスタマイズした機能の中にはロングタップすることで表示される別画面があったりする。

計算機・タイマー

計算機では最新の計算の結果をコピーができ、タイマーは表示された画面上のバーを上げ下げすることで5分ごとの区切りで簡単にタイマーの設定ができる。

メモ

メモは初期起動の時に下図の左側のような案内が出るが、その後は右図のような表示で出てくる。

画面録画・フラッシュライト

画面の録画は周囲の音も録音するのかどうかを確認するのでここでマイクのON/OFFの設定が可能です。周りの音を録音しないときはデフォルトのままにしておけばiPhoneから出力される音のみを録音します。

フラッシュライトはライトの明るさを4段階の中で段階的に上げ下げすることができます。意外とこのライト明るいため光量を抑えたい際にはこの機能を使うと明るすぎず暗すぎずにすることも可能になります。

普段何気なく利用している機能もこういった設定方法もあるなんてなかなかわからないもの。自身の使いやすいように是非カスタマイズして利用してみてくださいね!