24 ビュー
アプリ

11月4日 ついにiPad版「PhotoShop」配信開始

11月4日、2019年リリース予定と案内されていた「Photoshop』のiPad版専用アプリを配信開始しました。デスクトップ版のフル機能は搭載されていないが、今後のアップデートによって機能が追加される予定となっている。

Photoshopとは

「Photoshop」は写真の編集や合成などをおこなうことができるデザインソフト。

撮影した写真を加工して見栄えを良くしたり、水彩画や油絵のような手描きのタッチを加えるなど、あらゆる画像編集ができることが人気のソフトウェア。

iPad版Photoshopで出来ること

Photoshopの機能がiPad向けに再設計され、どこへでも持ち運べるようになりました。指で画像を合成し、Apple Pencilでレタッチできます。レイヤーはすべてそのまま、解像度も 同じです。デスクトップで作業しても山の頂上でも、まったく同じPSDを使用できます。最初のリリースでは主に合成機能とワークフローに対応。今後も続々と機能が追加されます。  -出典:Adobe HP

iPad版Photoshopでは、ApplePencilでのタッチ作業に最適化された合成ツールやレタッチツールが利用可能となる。

使い慣れたワークスペース

デスクトップ版「Photoshop」のレタッチ・合成・スポット修復・描画モードなどのツールバーは、使い慣れた機能はそのまま使用できます。

どこでも操作可能

デスクトップで保存したレイヤー構造も解像度もそのままで、iPadでもデスクトップと全く同じ品質のPSD出力が可能で、クラウドサービスを介し、デバイス間のデータが同期されるため、作業中のファイルを、どこにいてもデスクトップやiPadからファイルにアクセスが出来るようになる。

デスクトップ上でPhotoshopを使用し、クラウドドキュメントとして保存すれば、続きをiPadで編集したりと、出先などでもiPadがあれば作業を進めることができる。

Photoshop対応のiPadは?

Adobe公式HPでは、「iPad Pro 12.9インチ」を推奨としているが、他のiPadでも利用可能で、利用するためには「iPad OS 13.1」以降が必要となる。

  • iPad Pro 12.9インチ
  • iPad Pro 11インチ
  • iPad Pro 10.5インチ
  • iPad Pro 9.7インチ
  • iPad(第7世代)
  • iPad(第6世代)
  • iPad(第5世代)
  • iPad mini(第5世代)
  • iPad mini 4
  • iPad Air(第3世代)
  • iPad Air 2

★とっておきの写真をより美しく!画像編集ソフト特集 ★

iPad版Photoshop対応 ApplePencil

Apple Pencil(第2世代)

Apple Pencil(第1世代)


ツールのインターフェースはデスクトップ版と変わらず、スワイプ・ピンチ・タップ・手書きなど、iPadを使ってこれまで以上に直感的な作業が可能になっている。

リリース当初は、Apple Pencilやタッチでの作業に最適化した合成ツールレタッチツールとなっていて、今後、ブラシ・マスキング・境界線の調整・被写体の選択など高度なツールが追加される予定だ。

Photoshopを利用するには、「Adobe Photoshop」の月額制メンバーシップまたはアプリ内課金で月額1,080円を支払う必要がある。
30日間の無料体験でお試しも可能だ。

引用:iPad画像 Apple公式HP、Adobe公式HP ※2019年11月5日時点