292 ビュー
Google

Google Pixel4 『Googleレンズ』使ってみた#2

Google Pixel3で登場し過去にない新しい機能『Googleレンズ』だが、新モデルのPixel4でも搭載されている。改めてこの『Googleレンズ』を使ってみた。

カメラで検索『Googleレンズ』

『Googleレンズ』は身近にある『モノや建物、動物や植物、文章や翻訳など』をカメラで写して調べものができる機能で、起動もカンタンでカメラを立ち上げてその他をタップ、レンズを選択するだけ。

Google Home MiniをGoogleレンズで写してみた。約2秒ほど対象物の認識まで時間がかかったが、結果はご覧の通り見事検索結果に出てきた。検索結果の中には文字入力で検索した内容と同じWebページが表示され、オンラインショッピングのリンクもあり、そのまま購入のページに入る事ができる。ただカメラで写して検索するだけではなく、ユーザーが次に何を求めているかをGoogleのAIが予測して表示されている。

続いてテキスト(文字)も読み取り可能なので、『日本人の20%しか読めない漢字』をGoogleレンズの『文字』で読み取りしてみた。

文字もしっかりと認識してくれた。
翻訳も可能なので、海外旅行で訪れたレストランでもメニューが日本語表示に即翻訳される。英語や中国語、韓国語など主な国々の言語に対応しているので、海外に行かれる場合は必須機能になるはず。また、覚えたい言語の勉強アイテムにもなるこの機能は学生さんにもオススメの機能だ。

出典 YouTube Google Japan

『イースターエッグ』がPixel4の外箱に仕込まれていると聞いたので、Googleレンズを起動してPixel4の外箱を読み込みしてみた結果、AR(拡張現実)技術を使った動画が自動再生された。Pixle4を購入した際は是非体験して欲しい。

特定の操作などを行う事で開発者がこっそりと隠した機能やなんらかのメッセージの事をIT関連では『イースターエッグ』と呼ぶ。