41 ビュー
Apple

新型iPhone、年に2回の発売に?

新型のiPhoneはここ数年、秋の発表が恒例となっていますが、このリリースが2021年に大きく変わるだろうとの予測が海外メディアのCNBCが発表しました。情報源はJ.P.モルガンのアナリスト。2011年のiPhone4以降は毎年9月~10月頃にiPhoneの主力モデルの発表を行っていましたが、これが2021年からは年に2回、半年に1回のペースで新商品を発表していくとのこと。

同アナリストはこうした2段階でのリリースサイクルにすることで、AppleはiPhoneに関して季節による売上の変動を抑える狙いがあるのではないか、といいます。
現状を見ると現在の出荷状況等は1年を通じて変動がある状況ではありますが、これが年に2回に分かれると言うことは、その波を一定にすることも可能になるのではないかとのことです。もし、この戦略がうまく行けばAppleの収益は、より安定したものになるのではないでしょうか?更にAppleにとってはプラスな面もあり、年2回のリリースとなると、前期にリリースした製品が不評であっても、後期にはその部分をリカバリした製品を出すことも可能になり、市場の反応に即座に対応するビジネスモデルとなるということなのでしょう。

同アナリストは、2020年の新iPhoneの予想もしており、2020年のiPhone主力モデル4機種になり、画面サイズがかねてより噂のあった5.4インチ・6.1インチ・6.7インチ3つになり、6.1インチが2種類リリースされるとのこと。
また、次世代通信網である5Gには4機種のうちいくつかのモデルは非対応になるとの見解をしているようです。
ハイエンドモデルには3Dセンサーの搭載AR機能の強化などが見込まれているようです。

https://digital-times-nsc.com/archives/1566

Appleサービスがまとめてサブスクリプションセットになるの?Appleは、各種サービスをまとめたサブスクリプションセットを検討していると、事情に詳しい関係者が明らかにした。どんなサービスがセットに...

年に2回の発表に変わることで、より市場の意見を取り入れた消費者にとって、魅力的なiPhoneが登場するのが待ち遠しいですね。