103 ビュー
Mac

【これが完成形か!?】2019年新型MacBook Pro 16インチ!!

新型のMacBook Proとして、かねてより噂されていた16インチモデルが発表されました。今回は、そのスペックや特徴などをまとめていきたいと思います。

MacBook Pro 16インチ

限界に挑戦し、世界を変える人たちのために生まれた新しいMacBook Pro。Appleが作っものの中で最もパワフルなノートブックです。しかも、ほかをはるかにしのぐ力を持っています。
臨場感あふれる16インチRetinaディスプレイ。超高速プロセッサ。次世代のグラフィックス。これまでのMacBook Proで最大のバッテリー容量。新しいMagic Keyboard。そして、驚くほど大きなストレージスペース。
究極を求めるあなたに、究極のプロ向けノートブックを。

引用元:Apple公式ページより

MacBook Pro 16インチは、2019年11月13日の23時頃、Appleの公式ページで突然発表されました。
元々あった15インチのMacBook Proの後継として登場したので、同時に15インチのMacBook Proは選択できなくなっているので注意です。
1インチではありますが、画面が大きくなり、スペースが広がったことで作業効率も上がるのではないかと思います。

本体側面(端子)

本体左側には、USB Type-C(Thunderbolt 3)ポートが2つ、右側には、USB Type-C(Thunderbolt 3)ポートが2つと、3.5mmヘッドフォン端子が1つ付いています。

キーボード

16インチMacBook Proは、ワークフローの効率を次のレベルに引き上げます。新しいMagic Keyboardは改良されたシザー構造を持ち、キーの運びは1mm。反応が良く快適で、しかも静かに文字入力ができます。
Touch Barは、効果的なショートカットを最も使いやすい中央部分に表示。Touch IDは瞬時に認証できるようにします。専用のEscキーがあるので、モードやビューの切り替えも一瞬。
逆T字型配列の矢印キーは、コードの行から行へとすばやく移動する時も、スプレッドシートで作業する時も、ゲームをプレイする時も、操作をなめらかにします。

引用元:Apple公式ページ

そして今回の変更点に、MacBook Proユーザーの多くが望んでいたキーボードの変更があります。画像は13インチとの比較ではありますが、フルサイズのバックライトMagicKeyboardに変更され、キーの運びが1mmとなっています。
そして、エスケープキーがTouch Barの中ではなく、独立したものになっています(画像赤丸を参照)。これは嬉しいMacBook Proユーザーも多いのではないでしょうか。
また、Touch IDの部分も、前回のキーボードはTouch Barの一部といった感じでしたが、少し離れこちらも独立したタイプとなっています(画像青丸を参照)。

本体の大きさ、重量など

本体の大きさや、重量などは画面の拡大化に伴い少し増加しています。ただ、そこまで格段に変わった訳ではないので、そこまで気にならないのではと思います。

16インチ 15インチ
高さ
1.62cm 1.55cm
35.79cm 34.93cm
奥行き
24.59cm 24.07cm
重量
2.0kg 1.83kg

付属品

付属品は、電源アダプタが変更されています。以前は87Wの電源アダプタでしたが、96Wのものに変更されました。

バッテリー

今回は100Whの大容量バッテリーが搭載されています。これは、リチウムイオンバッテリーの中で、飛行機に何個も持ち込むことができるバッテリーの中では最大容量となっています。100Whを超えると、160Whまでは1人2個までと決まってしまうので、これは嬉しいアップデートですね。

インターネットやApple TVの閲覧は、15インチMacBook Proが最大10時間だったことに対し、16インチMacBook Proは1時間増え、最大11時間の再生が可能となっています。

ストレージ

16インチMacBook Proは、あらゆるノートブックの中で最も容量の大きい、最大8TBのSSDストレージを搭載。写真やビデオのライブラリをどこへでも連れて行けます。転送速度は超高速。膨大なファイルの読み込みも、プロ向けアプリケーションの起動も一瞬です。

引用元:Apple公式ページ

メモリは最大64GBまで選択可能、ストレージはなんと最大8TBまで選択可能となりました。まさに「プロ」の名に恥じない性能となっています。

プロセッサ

プロセッサは15インチMacBook Proと変わらず、第9世代のプロセッサが搭載されています。ただ、熱設計の進化と冷却の構造を見直すことで、空気の流れが28%増加、ヒートシンクは35%増加しています。

まとめ

  1. ディスプレイが16インチに拡大
  2. キーボードの変更(故障への対策や、Touch Barに一体化してしまっていたキーの一部独立)
  3. 大きさや重量は15インチMacBook Proより増加
  4. 付属品の電源アダプタが96Wのものに変更
  5. バッテリーは15インチMacBook Proより最大1時間ほど増加
  6. プロセッサは15インチMacBook Proと同じ。ただ、熱設計の進化で冷却機能アップにより、プロセッサの最大維持力をアップ
  7. その他、グラフィックやスピーカーも大幅強化

画像引用元:Apple公式ページ