99 ビュー
LIFE

ゴルフで5Gが活躍する時代に!ドコモが実証実験

来年には、5G(第5世代移動通信方式)がスタートされ、この社会のさまざまな産業が大きな変化を迎えようとしている。今までの、通信方式とは桁違いの変化が起こり、人々の生活も大きく変わっていくだろう。もちろんスポーツ業界でもその変化が訪れようとしている。

ゴルフで5Gを活用

NTTコミュニケーションズ株式会社(NTT Com)と、株式会社NTTドコモ(ドコモ)、株式会社ミライト、富士通株式会社、株式会社長野京急カントリークラブ(長野京急CC)はゴルフ場の再建に向けて実証実験を行っている。期間は2019年11月11日〜11月15日まで共同で行っていた。

ゴルフがもっと楽しくなる

ロボスタから画像引用

ゴルフでティーショットを打つ。その際にタブレットやカート画面にリアルタイムに配信を行う事で楽しみ方に変化が起こる。打ったボールの軌道や落ちた場所も確認出来る様になるのである。もちろん、グリーンまでの距離までカートに乗りながら把握する事も可能になる。

ゴルフでは、ボールが飛んだ場所が分からなくなりそれを探す事に時間を取られる事がしばしば起こるのである。それが無くなる事を考えると円滑にコースを回る事が可能になり、回転率が上がれば、それだけゴルフ場は1日のプレイヤーを増やす事も可能になるのだ。

地方創生、ゴルフ場経営改善に向けた、この実験の先には、4Kディスプレイ付きカートの準備や複数の基地局と複数のカメラや端末が必要になる。ここまでの設備投資がどの位までかかるのかも興味があるが、筆者もゴルフをするので、期待したいサービスである。