201 ビュー
AppleWatch

知ってますか?Apple Watchのこの機能

ついにSeries5まで来たApple Watch。2015年の販売開始からわずか2年後の2017年には売上がロレックスを上回ったほどで世界で最も売れた時計となったApple WatchSeries5がReleaseされ、WatchOSも6.0まできましたが、OSが上がるごとに便利になっているのは皆様もおわかりおわかりいただけていることでしょう。ウェアラブル端末はヘルスケアの要素が大きかったスマートウォッチの分野において様々な機能を追加しよりスマートウォッチの価値を引き上げたApple WatchApple Watchで利用できる便利な機能を紹介していきます!

Apple WatchでWEBページを見る!

実はApple WatchでWEBを見れるのはご存知ですか???
実際にブラウザのAPPがあるわけではないのでiPhoneのsafariのように自由に検索をして…というのとはちょっと使い方がことなります。

WEBを見るには!?

Apple Watchで見れるWEBページはちょっとした見出しやサイト内のランキングがメインにはなるのでフルページをスクロールしてみれるというわけではない。
メールやメモ等にサイトのURL等を記載し、送信(メールの場合)Apple Watchで受信したらフラグ等を立てておくと次回見る際にも探しやすく利用しやすいのでそういった工夫をしておくと簡単な確認等はできるようになります

【決定版】買うべき?待つべき?Apple Watch Series 52019年モデルとして、Apple Watch Series 5が発売されました。ディスプレイの常時点灯、コンパス機能の追加、チタンとセ...

シアターモード

WatchOS3.2からの機能ではあるが、今一度ご紹介!

シアターモードでマナーを守る!

顔のマークがシアターモードのアイコン

 

つい最近、映画館でのスマホマナーが話題になったのはご存知だろうか?
先月24日に投稿された映画上映中のスマホ使用を非難するツイート。
「映画上映中のスマホ。マジで映画館もっと注意喚起徹底してくれ。何で2000円近く出して観客が気を揉まなきゃならんのだ。IMAXとかドルビーシネマとか最新の上映設備も良いけど、たった1個のスマホが全てをぶち壊す。照度最低でも見えてるからソレ」
こちらのツイートを見て筆者も確かに常識ないなぁ。と思ってしまった。映画館でも注意を促しているとのことだがこういった利用者がいなくならないのも事実ではあると思う。Apple Watchを利用している自分も他人事じゃないなぁ。とドキリとしたのでこの機能の存在を忘れてはいけない。

Apple WatchってSeries 5以外は常時表示ではないので、腕を持ち上げだ時にディスプレイが表示される仕組みになっている。映画館でアームレストのカップホルダーに入れたドリンクを手にとって飲むという動作のときにももちろんディスプレイが表示されないとは限らない。そうなった時って実はスマホ以上の位置でスクリーン以外真っ暗な映画館の中でApple Watchのディスプレイが光っちゃうっていう状況が出来上がるなぁと。そうなったときにはシアターモードをONにすれば、通知はバイブレーションで知らせてくれるがApple Watchディスプレイをダブルタップしないとディスプレイが表示されない状態にできる。筆者、映画好きで結構映画を見に行くのだけれども2000円も払って映画の世界観に入り込んでるのに光に邪魔されたらたしかにいい気はしないのでしっかり対策をして見に行きたいですね。

子供の寝かしつけ中に…

子供の寝かしつけ中にあ、もうちょっとでいい感じに寝そう!!ってとこまで行って手をディスプレイが点灯するほど動かしたつもりじゃないのに点灯してしまい寝かしつけに失敗するっていう事があったので、この機能実はよく使ってます。
ミッション失敗したときにMission 失敗っ!!って家族に茶化される筆者。。。。切ないですねぇ。寝かしつけで子を間違って起こしてしまわないように注意したいときもシアターモードは有効に使えるので是非使って見てくださいね!

 

〇〇PAYは使えるの?

キャッシュレス決済がたくさんある今、自身が利用している決済方法がApple Watchで利用できたら便利ですよね?今現在、なんのQR決済がApple Watchに対応しているのか確認していきましょう♪

各社キャッシュレス決済

 

LINEPAY

スマホ利用者で使用していない人は殆どいないほどのSNSアプリであるLINE。そのLINEが提供するキャッシュレスのQR決済。残念ながら2019年12月時点ではLINEPAYにはApple Watchは対応していない

 

だが、裏技でLINEPAYのクレジットカードでSuicaにチャージをして間接的にLINEPAYを利用することはできる。

楽天PAY

 

今年10月からの格安のMVNOとしての楽天モバイルから第4の携帯電話キャリアとして携帯事業参入など変化があった楽天。楽天ペイは、クレジットカードを登録してQRコードで決済ができるサービスでメリットとして、クレジットカードのポイントと楽天スーパーポイントが貯まるというポイ活者には嬉しい面もありますが、残念ながらApple WatchではQR決済することはできない

origami Pay

2015年からQR決済のサービスを展開しているQR決済の先駆け的存在のorigami。こちらはクレジットカードか銀行口座の登録が必要になるため残念ながらApple Watchでは決済非対応となる

PAYPAY

様々な顧客還元キャンペーンを実施し、CM等でキャンペーンを告知しているPayPay。母体であるYahoo!のユーザーに対する還元率等はQR決済の中でも特に大きいものだった。2019年9月のアップデートでApple Watchについに対応し、Apple Watchでもバーコードによる決済が可能に。

お支払いに関してはチャージは不可のため残高からのお支払い、他社からの送金を受け取ることしか使用ができない。また、カメラは非搭載のためQRコードを読み取っての決済は不可となる。