77 ビュー
iPhone

「iOS13」バッテリーが100%にならない?!最適化充電とは

iOS13アップデートにより追加された新機能「最適化充電」は、iPhoneの過充電を抑える事で、バッテリーの寿命を伸ばす事ができるようになりました。最近、充電が100%までならない、と不安になった方はご安心ください。この記事では、iOS13アップデート後の100%までならない理由と、「最適化充電」の設定方法を解説していきます。

「最適化充電」とは?

iPhoneがフル充電された状態の時間を減らすことで、バッテリーの劣化速度を遅らせるようにする新しい機能です。
iPhoneはデバイス上の機械学習を使って、毎日どのように充電するかの習慣を学習し、必要がない限りは80パーセントを超えて充電を完了しないようにします。

フル充電の状態が短くなる事で、バッテリーの劣化が遅らせる事ができます。

「最適化充電」の設定方法

iOS13にアップデートした状態では、「最適化充電」はオンになっています。

100%まですぐに充電したい場合は、最適化充電をオフにする必要があります。

「最適化充電」設定切替手順

「設定」>「バッテリー」>「バッテリーの状態」>「最適化されたバッテリー充電」

バッテリーを長持ちさせるその他の設定

画面の明るさを調整する

画面の明るさを落としたり、明るさの自動調節をオンにすると、バッテリー駆動時間を延ばすことができます。

画面の明るさを落とす①コントロールセンターから設定

コントロールセンターを開き、明るさのスライダを下にドラッグ

画面の明るさを落とす②「設定」から変更する方法

「設定」>「画面表示と明るさ」>「明るさ」を左側へドラッグ

明るさの自動調整

「設定」>「アクセシビリティ」>「画面表示とテキストサイズ」>「明るさの自動調節」をオン


明るさの自動調節機能は、周囲の明るさに合わせて画面の明るさを自動的に調整します。

Wi-Fiを使用する

Wi-Fiをオンにするには、「設定」>「Wi-Fi」と選択し、Wi-Fiネットワークに接続

インターネットを開いたり、アプリを使うなど、データにアクセスする場合は、Wi-Fi接続がオススメです。
Wi-Fiは携帯電話のネットワークよりも消費電力が少ないため、Wi-Fi接続で使用するようにしましょう。

充電関連 オススメ!アクセサリー

モバイルバッテリー

バッテリーの消耗が早い方、外出先での急なバッテリー切れが心配な方にオススメ

ワイヤレス充電

iPhone8以降ワイヤレス充電が可能となった。ワイヤレス充電器を使用する事で、断線を防ぐ事ができる。

ワイヤレス充電器の中でも、充電しながらデータのバックアップができる商品があるので、夜寝る時に置いておけば、充電とデータのバックアップ両方ができる。
自宅にネット環境がない方やiCloud容量が不足している方にオススメ

その他にも、バッテリーに関する記事を紹介しているので、バッテリーの持ちが心配な方は、合わせてご確認ください。

ダークモードを利用するメリット9月4日よりAndroid10が正式にリリースされ、新機能として設定が可能となりました。また、iOS13の新機能としても実装されました。...
iPhone裏技・便利機能
iPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法長くiPhoneを使ってると、バッテリー持ちの悩みが出てきますよね。 「買ったばかりの時はあんなに長持ちしたのに!」なんて経験、皆...
iPhone裏技・便利機能
iPhoneのバッテリー残量を表示させる方法【iPhoneXシリーズ】いざという時にスマホのバッテリーが無かった!皆さん1度くらいはそんな経験があるのではないでしょうか。そうならない為にも、バッテリー残量を...