125 ビュー
アプリ

ソフトバンクが12月19日に「みまもりサービス」を開始!みまもり電池とは?

みまもり電池とは?

1人暮らしの高齢者などの安否を、離れて暮らす家族が見守ることができる電池です。

市販の単4電池を専用の単3型乾電池アダプタにはめて、テレビやエアコンのリモコンや照明などの家電に使用することにより、見守る側が電池を使用した有無をスマホで確認することができるようになります。

安否確認用のカメラや訪問サービス、センサー型など一般的なみまもりサービスとは違い設置工事などないため、コスパもよく、さらに「監視されている」という感じもないので高齢者などが抵抗なくカンタンに利用できる新サービスとも言えます。

値段

3,509円(税込)*ソフトバンクセレクション
販売している種類は単3形のみとなります。
例えばテレビのリモコンに2本必要だとしても、1本だけみまもり電池にしておけば大丈夫なので2セット買う必要はなさそうです。

月額料金

シンプルプランは無料で家電の利用状況が確認できるようになっています。
基本プランはワイモバイルユーザー480円、それ以外は980円かかりますが、見守られる側が一定期間の利用がなかった場合、見守る側に通知されるサービスが利用できます。
*ワイモバイルユーザー以外の利用はYahooID、ウォレットの登録が必要

しくみ

みまもり電池を装着した家電を利用すると見守られる側のスマホにBluetoothで利用状況を配信されます。
配信されたスマホに入っている専用アプリを通して見守る側が確認できるという仕組み。
見守られる側は利用している状況を配信する操作の必要がないため、ただいつもどおり生活していればいいだけです!

設定方法

下記公式ページからアプリインストールができます。
見守る側(家族)のスマホで設定を進めていけば見守られる側(高齢者など)はスマホに通知された画面に沿って進めていくだけです。

ただし、事前に見守る側・見守られる側のどちらにもインストールの必要があるので、設定方法が心配な方は店頭に行って一緒に設定した方がいいかもしれません。

まとめ

近年日本では全国の860万人が1人暮らしの高齢者というデータが出ています。ご自身のご家族のことを「1人で大丈夫かな?」「1人で倒れてたらどうしよう?」など、少しでも気になるようであれば本格的なみまもりサービスを利用するまえにみまもり電池を使ってみるのもいいかもしれません。
引用:みまもり電池、ソフトバンク公式HP