46 ビュー
Apple

Apple創業者 ステーブ・ジョブズ名言集パート②

Apple創業者、ジョブズがこの世を去ってから8年が経つ。今も彼の存在や発言した言葉が受け継がれている。彼が残した名言をまとめてみよう。
第2弾である!

“スティーブジョブズ”
“スティーブジョブズ”
即戦力なんて存在しない。だから育てるのだ 

ピクサーを買収し、自社の社員で監督も脚本も行っていた。人材に投資し、人材を育てアイディアを生み出すというもっとうからきている。10年かけて優秀な人材を育てあげてきた

“スティーブジョブズ”
“スティーブジョブズ”
優秀な人材が沢山いる会社は少なくない。だが最後にはそれらの人材を束ねる重力のようなものが必要になる 

会社の規模が大きくなれば経営する側と実際に働く社員との間に何層もの壁ができ、現場の社員たちが自社の製品に愛着や夢を感じたれなくなってしまう事で生産力が低下するのだ。ジョブズは優れた人材を集めた少人数のチームをいくつも作って自分でまとめていた。これにより、いい製品をスピード感持って生み出していた

“スティーブジョブズ”
“スティーブジョブズ”
他社がどのような製品でどれほど儲けようと勝手だが、三流の商品しか作らないという事実は許し難い 

マイクロソフトに向けたメッセージ。オリジナルのアイディアに欠けている。文化を感じない。永年のライバル、ビルゲイツ、お互いを尊重しあい信頼関係がある中での発言

“スティーブジョブズ”
“スティーブジョブズ”
私は、才能をとことん援助する

取締役会で私は才能ある人材を集めて何かを作る事が得意です。自分1人の力では限られてしまう事でも、多種多様な才能を見つけ出しバックアップする事で不可能を可能にしてきた

“スティーブジョブズ”
“スティーブジョブズ”
ベストを尽くして失敗しても、ベストを尽くした事に変わりはない

ジョブズにとってベストを尽くすとは当たり前の事。それを社員にも求めてきた。ベストを尽くしたからといって必ずいい製品が出来る訳ではない。しかもそれでもベストを尽くした事には変わりはない

“スティーブジョブズ”
“スティーブジョブズ”
出来なはずがない。君が出来ないなら他の人間にさせるだけだ 

どうしても要求の達成が不可能な時は、問題点と代替え案をしっかり提出するとジョブズは話を聞いてくれる。しかし、発話は分かったが、そこは頑張ってくれ、僕の為に。と突き返されたり、君が出来ないのであれば他の人間にやらせるまで。つまりやるしかないのだ

“スティーブジョブズ”
“スティーブジョブズ”
起業家の資質の半分は我慢する事だ 

起業は本当に厳しく、仕事の為だけに人生が費やされていく。時としてレンガで頭を殴られるような事も起こる。しかしそれでも好きな事をしようといているのだから我慢しようじゃないか

“スティーブジョブズ”
“スティーブジョブズ”
顧客に対して素晴らしい製品を提供し続けられるなら不況の時代でも顧客は財布を開いてくれるものだ

ITバブルがはじけたあと、多くの企業が開発費を削ったのにも関わらずAppleは新しい製品を開発する事をやめなかった。後にiPod、iPhone、iPadが生まれたのだ