46 ビュー
Android

ソフトバンク『5G対応モデル』AQUOS・ZTE・LG・OPPOの4機種発表!

2020年3月5日、ソフトバンク(株)は第5世代移動通信システム(5G)に対応したスマホ『AQUOS R5G(シャープ製)』『ZTE Axon 10 Pro 5G(ZTE製)』『LG V60 ThinQ 5G(LGエレクトロニクス製)』『OPPO Reno3 5G(OPPO製』の4機種を、2020年3月27日以降順次発売していくと発表しました。
ソフトバンク初となる『5G対応スマホ』の4機種の特徴を紹介していきます。

AQUOS R5G(シャープ製)

左から『アースブルー』『ブラックレイ』『オーロラホワイト

出典 ソフトバンクホームページ

AQUOS』史上最大の約6.5インチの『Pro IGZOディスプレイ』を搭載

約6.5インチの『Pro IGZOディスプレ』を搭載。10億色を表現することが可能で、細かな色彩の違いも忠実に再現できます。また、視聴環境や表示するコンテンツに応じて自動で輝度の調整してくれる機能で無駄な消費電力を抑えることができる。

4つのメインカメラ』を搭載、超高精細『8K動画』も撮影可能

8Kでの撮影が可能なワイドカメラ、有効画素数約1,220万画素の標準カメラ、光学2倍ズームの望遠カメラ、動画の背景にぼかしを入れことができるカメラの4つを搭載。

最新のチップや256GBのROM、12GBのRAMを搭載で操作が快適

256GBのROM、12GBのRAMを搭載。大容量のアプリや動画でもメモリー容量を気にすることなく、快適に楽しむことができます。

ZTE Axon 10 Pro 5G(ZTE製)

ブルー

出典 ソフトバンクホームページ

3つのカメラ搭載、AI対応で誰でもきれいな写真が撮影できる

メインカメラとして、3つのカメラを採用。料理や花、風景など、撮影した被写体やシーンに合わせてAIが最適な撮影モードを自動で選択してくれる他、自動で被写体にピントを合わせてくれるため、誰でも簡単に高品質な写真が撮影できます。また、有効画素数約2,000万画素のサブカメラは「美肌機能」に対応。

約6.4インチ有機ELディスプレイを搭載

画面占有率約92%の約6.4インチの有機ELディスプレーを搭載。また、画面内に指紋認証センサーを搭載。認証速度が速く、画面に触れるとすぐにロックを解除することが可能です。

4000mAhの大容量バッテリー搭載

4,000mAhの大容量バッテリーを搭載することで、安心の電池の持ち時間を実現しています。

LG V60 ThinQ 5G(LGエレクトロニクス製)

クラシックブルー』 右側『LGデュアルスクリーン装着時

出典 ソフトバンクホームページ

同梱の専用ケース『LGデュアルスクリーン』で2画面操作可能

同梱されているディスプレーを搭載した専用ケース『LGデュアルスクリーン』を装着することで、2画面での操作が可能です。専用ケースを取り外して、本体だけで使用することも可能です。

約6.8インチディスプレイと5000mAhの大容量バッテリー搭載

約6.8インチの有機ELディスプレーを搭載。5,000mAhの大容量バッテリーを搭載。電池切れになることを気にせず長時間使用可能です。

3つのメインカメラと高精細8K動画撮影可能

メインカメラとして、8K動画の撮影が可能なカメラなど、3つのカメラを採用。また、本体にマイクを4つ搭載しているため、臨場感のある動画撮影が楽しめます。さらに、写真を撮影する際に、AIが被写体に合わせてコントラストや明るさを自動で最適化するため、簡単にきれいな写真が撮影可能です。

OPPO Reno3 5G(OPPO製)

ミスティホワイト

出典 ソフトバンクホームページ

画面占有率約93.4%の約6.55インチ有機ELディスプレイ搭載

サブカメラが画面内に配置されているので画面占有率93.4%を実現。指紋認証センサーも画面内に搭載しているので、画面に触れてすぐにロック解除することが可能となっています。

4つのカメラとAI対応でどんなシーンでも美しい写真や動画撮影可能

4800万画素のメインカメラをはじめとして4つカメラと3200万画素のサブカメラを搭載。
光学手ブレ補正機能も対応でブレずにきれいに撮影ができ、さらにAIが被写体を認識して『肌をきれい』にしたり、『細身にしたり』することが出来る『AIビューティー』機能に対応。

OPPO独自の急速充電に対応した大容量バッテリー搭載

4025mAhの大容量バッテリーを搭載。OPPO独自の急速充電に対応で、20分で約50%、56分で100%まで充電することが出来る。