100 ビュー
iPhone

賢く使い分け!フォトの管理どうしてる?

日常、ついついたくさん写真をとってしまい本体の容量が足りない!って事やiCloudの容量が足りない!!といったときに皆さんはどういう対応をしますか?
保存容量を増やす?その方法はどの方法で?例えば、いらない写真を消す?
写真の量が膨大な量だとその方法も時間に余裕がないと難しいですよね。今回はそんな写真の簡単な管理方法をご案内していきます。

iPhoneの写真管理方法

管理って言うとなんだか難しく聞こえますが、要は取った写真はどこに保管してますか?ということ。
大体の方が写真を撮ったらそのままカメラロール→iCloudのフォトにそのまま。といった流れではないでしょうか?
iCloudにバックアップといった言葉をよく耳にしますが、実はフォトはiCloudにバックアップでは無いと言うことはご存知でしょうか?
じゃあ、どういう事?と思いますよね。

iCloudで管理するということ

iCloudに写真を保存している方も多いと思いますが、実は多くの皆さまがiCloudのフォトの機能で勘違いしている部分があるのです。そこは何かというと、通常のバックアップと同じようにiCloudの写真は本体のコピーをiCloudのフォトに入れてあると言う訳では無いということなんです。

iCloudにある写真が、本体の写真のバックアップではなく、

iCloudに写真が保存されていてその写真のサムネイルを本体で見ているだけという事

※サムネイルとは中身を見なくてもわかるように表示する表示方法の事を言います。

本体の写真を消そうと思ったときに写真のようにすべてのデバイスのiCloud写真から削除されます。と出るのは写真が本体にあるわけではなくて、iCloud上のフォトにデータそのものがあってそれを参照しているからなんです。
そうなると写真をたくさん撮る人はiCloudの容量が5GBの無料ストレージでは足りなくなってしまうことも。
できれば無料で写真の管理をしたいもの。なるべくお金をかけずにバックアップも行いたいという方は別の方法をおすすめします。

Googleフォトを活用する

iPhoneを利用している方だとあまり馴染みが無いかもしれないですが、実はGoogleフォトってとても優秀なんですよ!
画質を撮った時のまま保存をするか、高画質に変換して保存するかの2択になるのですが、画質を保ったままだと保存容量を消費していくのですが、高画質での保存を選択すると容量が無制限で保存されるという点!iCloudでは必ず容量制限がありますがそれが無いのはとてもすごいですよね。

APPStore

バックアップ画質の設定

高画質に変換してバックアップをするという状態だと画質が落ちるんじゃないの?と不安になる方もいるかも知れませんが、実は携帯で撮った写真に関して言えばあまり画像の綺麗さは変わらなかったりします大きく画質が変わってくるとしたらそれは一眼レフなどで撮影した写真が圧縮されるときだと思っていただければと思います。

利用にはGoogleのアカウントが必要になるのですが、Googleのアカウント自体は無料で作成できるのでまずはGoogleでアカウントをつくり、APPStoreからGoogleフォトのアプリをダウンロードしましょう!
そこまで準備できれば、後は簡単です。バックアップの設定を行い、Googleフォトのアプリを開いて置くだけでバックアップされていきます。ずっとアプリの画面に固定していなければ行けないわけでは無いので、その間に他のAPP等を利用するのも問題はありません。タスク終了をしてしまうとバックアップが強制終了になるため注意が必要です。

Googleフォトバックアップ中にタスクを終了した場合

まとめ

いろいろな方法がある写真の管理方法ですが、機種変更の際に写真を新しい本体に移行したいのにiCloudの容量が足りなくて移行できない場合などにもGoogleフォトの活用はできるかなとは思います。また、iCloud、Googleフォトともに完全にデータを管理できる!というものではないので全幅の信頼を置くのではなく、本当に消えてほしく無い写真などはiCloudやGoogleフォト以外の場所にも保管をして置くことをおすすめします。あくまでもデジタル管理、自身でもしっかりと対策をして大事なデータをなくさない手助けツールとして活用できたらいいですね☆