162 ビュー
iPhone

新型iPhoneSE発表!! スペック紹介 値段も安いし人気が出そう!

新型iPhoneSEが遂に発表されました。昨年から色々な噂がありましたがやっと発表された新機種ですが、コロナウィルスでの逆風の中でどうなっていくのか注目したいと思います。スペックを紹介していきたいと思います。

基本スペック

ディスプレイ

4.7インチのRetinaHDディスプレイを搭載。IPSテクノロジー搭載4.7インチ(対角)ワイドスクリーンLCD Multi‑Touchディスプレイ。このディスプレイはiPhone6・iPhone7・iPhone8にも使用されており、この時代に良く利用されていたディスプレイである。

ボディー

ガラスとアルミニウム
iPhone8と同じボディー

チップ

A13Bionicチップを搭載しスマホの中で最速のチップ。
iPhone11Proと同じ性能であり、ゲームはもちろんだがその他操作も快適に操作が可能。

カメラ

1,200万画素(広角)で光学式手振れ補正搭載。最大5倍のデジタルズームが可能。次世代のスマートHDRが写った顔を認識し明るさや輪郭と肌のトーンをより自然にとらえる。ポートレートモードで背景のボケ効果を出せる。iPhone11でも使われているポートレートモードなので6つのエフェクトを使用しカメラを使うのが楽しくなりそうだ。

ホームボタン

ホームボタンが使える事でTouchIDを利用可能。iPhoneのロック解除やアプリのサインイン、ApplePayも利用出来る。ホームボタンを使用したいユーザーは多く、その人気は今でも続いている。iPhoneX発売後からは基本的にFaceIDが主流になりホームボタン復活の声もかなり聞こえていた。

防水性

最大水深1メートルで30分間の耐水性能(IEC規格60529にもとづくIP67等級)
iPhone8と同じ防水性能

サイズと重量

高さ138.4mm  幅67.3mm 厚さ7.3mm 重量148g
iPhone8と全て同じサイズ

バッテリー

ビデオ再生:最大13時間
ビデオ再生ストリーミング:最大8時間
オーディオ再生:最大40時間
iPhone8と全て同じ性能

「iOS13」バッテリーが100%にならない?!最適化充電とはiOS13アップデートにより追加された新機能「最適化充電」は、iPhoneの過充電を抑える事で、バッテリーの寿命を伸ばす事ができるように...

カラー

3色 ブラック・ホワイト・レッド(product)


Productレッドに関しては、売上の一部をコロナウィルス関連に寄付をするとの事

価格

AppleStore価格

64GB:44,800円
128GB:49,800円
256GB:60,800円

本体代金はかなり安く設定されており、格安SIMを利用している方や学生にも買い易い価格設定な事から人気が出る予測が出来る。

予約開始と発売日

Appleは4月17日(金曜日)21時から予約開始し、4月24日(金曜日)発売日としている。

4月16日時点

各携帯会社 予約日と発売日

携帯会社 ドコモ、au、ソフトバンク
4月20日(月曜日)から予約開始し4月27日(月曜日)発売

ドコモ公式HPはこちら
au公式HPはこちら
ソフトバンク公式HPはこちら

iPhoneSE(第1世代)iPhone8比較

2019年新型iPhoneスペックまとめ【iPhone 11・iPhone 11 Pro・iPhone 11 Pro Max】2019年9月20日に、新型iPhoneである「iPhone11」「iPhone 11 Pro」「iPhone11 Pro Max」の3...

どんな人にオススメ?

今回のiPhoneSEのメリットはやはり価格帯である。各キャリアで発表になっていない部分があるが、Apple価格より多少値段が高い可能性はあり、それでもiPhone11や11Proと比べても安い事が何よりの魅力である。本体はiPhone8と同じで頭脳はiPhone11Proと同じ。

こんな方にオススメ

・本体代金を抑えて毎月安く使いたい人
・コンパクトサイズで使用したい人
・これから携帯を持つ学生さん
・とりあえずiPhone使っているけど次なんでもいい人
・ホームボタンがいい人
・格安SIMを使っている人

上記の様な方には、iPhoneSEはオススメだと思います。iPhone8がずっと人気だった理由は、サイズ感とホームボタンが搭載されていた点、更には価格が安くなっていた事が理由である。新しいiPhoneSEは、その理由を全て網羅している点を考えると、1年に1回発売されるiPhoneとは別でこれから長い期間愛される機種になる事だろう。

画像引用元:Apple公式HP