117 ビュー
Apple

【2020年モデル】新型MacBook Pro 13インチ登場!2019年モデルとの違いとは??

2020年5月4日に、新型MacBook Pro 13インチの2020年モデルが発表されました。散々言われてきた「バタフライキーボード」を廃止し、シザー式キーボードを採用した今回のMacBook Proは、他にも一体どんな進化を遂げたのでしょうか。今回は、2019年モデルのMacBook Proとの違いに焦点を当て、解説していきたいと思います。

この記事はこんな人にオススメ

・新型MacBook Proと前年度モデルとの違いを知りたい人
・MacBook Proの購入を検討している人

 

今回のMacBook Proでの進化点は大きく分けて4つ

MacBook Proは、下位モデルと上位モデルがありますが、共通して2019年のMacBook Proと比較した場合、大きく分けると次の4つの変更点があります。

  1. キーボードがMagic Keyboardに変更
  2. エスケープキーとTouch IDキーが独立し物理キーに
  3. Dolby Atmos再生に対応
  4. ストレージ容量が倍になり価格が下がった

 

また、上位モデルのみ、追加で以下の変更点もあります。

  1. 第10世代のプロセッサにアップグレード
  2. メモリ最大容量が32GBに
  3. ストレージ最大容量が4TBに
  4. 6Kビデオ出力をサポート

 

では、それぞれの変更点を解説していきます。

 

下位モデル上位モデル共通での変更点

まずは、下位モデルと上位モデルで共通して変更となった点をまとめていきます。

 

キーボードが大きく変更

 

キーボードのアップデートは、今回の1番の変更点と言っても過言ではありません。

2019年モデルのMacBook Pro(以下、MacBook Pro 2019)では、「バタフライ式キーボード」というキーボードが採用されており、キーが非常に浅く作られているので、本体を薄型化・軽量化できるというメリットに加え、跳ね返り感の少ない打鍵感が特徴でした。しかし、チリやホコリに非常に弱い面があり、それが隙間から入ってしまい故障したという報告も少なくはなく、Appleが公式的にキーボード修理プログラムを出すほどでした。

今回発売された2020年モデルのMacBook Pro(以下、MacBook Pro 2020)は、そのバタフライ式キーボードを廃止し、キーの運び1mmの「シザー式キーボード」を採用しました。これにより、程よい快適な打鍵感と非常に安定したキーボードになり、安心して使うことができます。

 

また、キーにも変更が加わっており、MacBook Pro 2019ではTouch Barと一体化していたエスケープキーとTouch IDキーを物理キーとして独立化、右下の矢印キーが逆T字型の配列に変更されるなど、細かな嬉しい変更点もあります。

 

Dolby Atmos再生に対応

MacBook Pro 2020では、スピーカーに改良が加えられました。非常に臨場感のあるワイドステレオサウンドを再生できるスピーカーになり、Dolby Atmosにも対応しました。

Dolby Atmos(ドルビーアトモス)とは、超ざっくり簡単にまとめるとすれば、音質がとても良くて立体的に聞こえる技術のことです。3D空間に包み込まれたような没入感のある音を体験することができます。

 

ストレージ容量が倍になり価格が下がった

MacBook Pro 2019では、下位モデルが128GB〜上位モデルが256GB〜といったストレージ構成となっていました。それが、今回のMacBook Pro 2020では、下位モデルが256GB〜上位モデルが512GB〜と、容量が2倍になっています。

しかも、それなのに価格は下がっているという神仕様。下位モデルは5,000円上位モデルは10,000円値下がりしているので、価格に対する旨味が非常に良くなりました。

 

上位モデルのみでの変更点

続いて、上位モデルのみで変更されている点を解説していきます。

 

第10世代のプロセッサにアップデート

上位モデルのMacBook Pro 2020は、プロセッサが第10世代のIntel Core i5プロセッサを搭載しています。(オプションでCore i7に変更することも可能)

Apple公式ページによると、最大2.8倍の処理性能、グラフィックス性能の速度が最大80%向上しているとのことです。

処理性能や処理速度が上がれば、様々な場面で恩恵を受けることができます。重いグラフィック作業や動画編集をする際に快適に動作するようになれば、作業効率がグンと上がり、無駄な時間を他の時間に回すことができるようになるので、メリットは多いです。

メモリとストレージの最大容量が増加

MacBook Pro 2020では、本体容量であるストレージと、作業領域であるメモリがMacBook Pro 2019より2倍になっています。

特に上位モデルでは、そのそれぞれの容量の最大容量が増え、よりプロ的な作業をする方にも対応できるようになっています。具体的には、ストレージが最大4TB、メモリが最大32GBと、まさにプロ向けにアップデートされています。

ストレージ容量が増えれば、それだけたくさんのアプリやソフトを保存できるというメリットに加え、容量不足による動作のもっさり感を軽減できます。メモリ容量が増えれば1度にたくさんのアプリを起動しても動作が重くなりづらくなるので、こちらに関してもメリットが非常に多いです。

 

6Kビデオ出力に対応

 

上位モデルのみ、外部ディスプレイに出力する際の6K(6,016 × 3,384)画質に対応するようになりました。これは、Apple純正のディスプレイとして発売されたPro Display XDRに対応する為のものと考えられます。

MacBook Proをメイン機として使用する人も非常に増えているので、持ち運びで使用するMacBook Proを自宅ではディスプレイに接続し、超高画質な大画面で作業を行うことも可能になります。

 

また、MacBook Proに搭載されている「Thunderbolt 3」という端子は、充電から映像出力、データ転送などにも対応する優れもの。外付けディスプレイも、この端子に接続して使用します。

 

Thunderbolt 3

これまでで最もパワフルで万能なポート。

Thunderbolt 3は、超高速の帯域幅とUSB-C業界標準による極めて高い汎用性の両方を、1つの強力なユニバーサルポートにまとめました。データ転送、充電、ビデオ出力の機能を1つのコネクタに統合。最大40Gb/sのスループットでThunderbolt 2の2倍の帯域幅を利用できます。MacBook Proは最大4つのポートを持っているので、どちらの側面からもあらゆることができます。ケーブルやアダプタを使えば、すでにあるデバイスをつなぐのも簡単です。しかもThunderbolt 3はリバーシブル。接続する時に、間違った向きというものがありません。

 

Apple公式ページより引用

 

まとめ

今回は、新しく発売されたMacBook Pro 2020と、昨年モデルのMacBook Pro 2019の違いをまとめてみました。価格が下がり、性能が上がった今年のモデルは、非常にお得でコストパフォーマンスの良いMacBook Proだと思います。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

画像引用元:Apple公式ページ