124 ビュー
Apple

iOS14でiPhoneはどう変わる?

今年もWWDCが終わりましたね。今回はOSの発表はあるものの新製品の発表がない珍しWWDCでしたが、今回のWWDC、筆者の個人的な注目はiOS14でした!iOS14のリリースによって今までiPhoneを利用していてこんなところがこういうふうに便利にカスタムできたらいいのに等思っていたことが実現されていいたりと発表を見て一人でワクワクしてしまい寝不足になりました(笑)
そんな今回のWWDC、どんな内容が発表されたのかサクっと見ていきましょう♪

WWDC2020発表されたもの

iOS 14
iPad OS
Watch OS
MAC OS

今回はiOS14にフォーカスして行きます。

iOS14対応デバイスは?

iOS14対応デバイスは下記の通りになります。

iPhone 11
iPhone 11 Pro
iPhone 11 Pro Max
iPhone XS
iPhone XS Max
iPhone XR
iPhone X
iPhone 8
iPhone 8Plus
iPhone 7
iPhone 7Plus
iPhone 6s
iPhone 6s Plus
iPhone SE(第1世代)
iPhone SE(第2世代)
iPod touch(第7世代)

これらのデバイスでiOS14が利用可能になります。
いち早く新機能を体験したい場合は、7月にパブリックベータ版が提供される予定のため
そちらをダウンロードしてみてください。それよりも早く!という方は開発者登録をすればダウンロードは可能ですが、年額11,800円が必要となりますのでご注意ください。

iOS14の新機能

  1. ウィジェット
  2. ホーム画面のカスタマイズ
  3. APP Library
  4. ピクチャー・イン・ピクチャー
  5. Siri
  6. 着信表示の改善
  7. メッセージ

ウィジェット

今までのウィジェットは決められた大きさで表示され、たくさんのウィジェットを利用しているとスクロールが必要なものでしたが、今回のアップデートではウィジェットのカスタマイズ性が向上しています。
ウィジェットはあくまでホーム画面上には追加できなかったものがホーム画面上に自在に配置できるように。

Smart Stack(スマートスタック)という機能も追加となり、ウィジェットギャラリーをスワイプすることによりウィジェットの切り替えを簡単に行うことができるようになりました。一覧で見ていたウィジェットをスクロールではなくスワイプで見れるようにすることによって表示するエリアは少ないのに、多くの情報をそこで確認することができるようになりました。

出典:Apple公式Youtubeより

この機能ウィジェットを結構利用する人にとってはかなりありがたい機能ではないでしょうか?
いつも使うウィジェットは位置的に上位においてあるかとは思いますが、Smart Stack機能を利用すればよりスムーズに
自身のアクセスしたい情報を確認することができるようになるかと思います。

ホーム画面のカスタマイズ

ウィジェットを追加するだけでは無いカスタマイズ!好きなAPPを好きな大きさで!例えばMUSICのApp。今まではもちろんアイコンのみの表示だったのが、今度はジャケットを表示してより視覚的にアイコンを捉えることができるように。またアクティビティの画面ではAPPを開くことなく、現状のアクティビティの状況を確認できるなどよりユーザーによっては嬉しい変更になったきがします。

出典:Apple公式Youtubeより

 

なんとなく、Androidに寄せてきた感が否めませんが、まだまだAndroidのようにアイコン位置を自由に配置することは出いない状況ではあるようです。待受画面にペットや家族、彼氏彼女の写真を設定している人あるあるでせっかく写真を設定しているのにアイコンで隠れてしまって顔が見えないなどのApple製品あるある。今回のアップデートでもこの部分は変更されなかったようです。この部分が変更されるとより嬉しいのですがなかなか現実には難しいのかもしれないですね。
もし、アイコンの位置を自在に配置できるようになるのならば、、、、という方は小技がありますのでそちらをお試ししてみるのもいいかもしれません。ですが、今回のアップデートにたいして対応するかは不明なところです。

APP Library

多くの人がiPhoneにたくさんのAPPを入れているかと思います。筆者も気がつけばホーム画面が4ページくらいあります。。。中には最近使ってないのでは?と思うよなAPPもあるのですが(苦笑)ページ数があるとスワイプも結構面倒なもの。そうなると完全にいつも使うのを1ページに纏めてしまって他はあんまりスワイプしないなんてこともあるのでは??というか筆者が完全にそのタイプ。気がつくとたくさんのフォルダがあって、実際にそのフォルダの中に何入れたっけ?な状態です。。。このAPP Libraryそういった状態を少し改善してくれる素敵な機能なようです。
いつも利用するページ以外を一枚にまとめてしまうこの機能。かなり魅力的

出典:Apple公式Youtubeより

 

やり方はとても簡単で、ホーム画面編集時にAPP Library化したいページのチェックを外すだけ。
あとはAPP Libraryとして表示されるので、とっても簡単!自身でたくさんまとめるのではなくて
AIがカテゴリ毎に自動でまとめてくれる素敵な仕様。しかも左上にはおすすめAPPを右上には最近追加したAPPを表示してくれる。カテゴリ別にしてあってもその中でも使用頻度が高いものは表示の上位に来るといういたれりつくせりな感じがとてもいいですね!

ピクチャー・イン・ピクチャー

すでにiPadを利用していた方にはおなじみの機能。
動画を見たりしているときに画面を切り替えると今までは動画が終了されたりしていたのですが、動画を再生したまま他のAppを利用することがiPhoneでもできるようになりました。

Siri

今まで全画面に出ていたSiri。Hey,Siriで全画面Siriになっていたのがコンパクトに画面下部に表示されるようになります。Googleアシスタントっぽい。。。そしてずっと思ってたのですが、、、このSiriのアイコンいつ見てもビー玉のよう…。(どーでもいいですねwすいません)

出典:Apple公式Youtubeより

着信表示の改善

Siriと同様、全画面での着信表示だったものがこちらは画面上に控えめに表示されるようになりました。
電話がかかってきたときにゲームなどしているときにゲームが中断されてしまうなどあったこともありますが、このアップデートによってそういったこともなくなるのでは無いかと思います。

出典:Apple公式ホームページより

メッセージ

今までのメッセージは、基本的に新着順に表示されるようになっていたかと思います。
常々LINEのようにピン留めできたりしたら便利なのになぁと思っていましたが、やっとiPhoneでも対応してくれたようです。メッセージAPPで特定の人をピン留めすることができるようになりそれに合わせてグループでのトークに対してもメンションが改善されています。たくさんの人数でメッセージのやり取りをしていると誰に対して返信したのかわからなくなりがちですが、こちらも他に追随するような形で対応となりました。
これによって自身に対しての返信が来たときにのみ通知をするなどの設定も可能になります。
他で利用できていた便利な機能をiPhoneのデフォルトAPPで使えるようになることは喜ばしいですね。

出典:Apple公式YouTubeより

まとめ

より便利になったiOS14、リリースがまちきれないですね!筆者はパブリックベーター版のリリースを
まだかなァ♫まだかなぁ♫と楽しみに待っています。もしベーター版を試した際にはいち早く皆様に使用感などをお伝えしていきます★