64 ビュー
Apple

文字盤の自由度が高まる!watchOS 7でApple Watchを使うのが楽しくなりそう!!

Appleは現地時間2020年6月22日、WWDC 2020(Worldwide Developers Conference)で様々な発表を行いました。その中で筆者が注目したのが「watchOS 7」についての発表です。watchOS 7の全容は様々な人たちがまとめてくれてるので、本記事ではその中でも筆者が個人的に気になったものをまとめていきたいと思います。

この記事はこんな人にオススメ

・Apple Watchを使っている人
・新しいwatchOSが気になる人
・Apple Watchの新機能が知りたい人

 

新文字盤の登場

こちらは「クロノグラフプロ」文字盤です。既存の「クロノグラフ」文字盤をアップデートした文字盤となっており、これまでより多くのコンプリケーションを配置できるようになっています。中央にはタキメーターを搭載しており、アプリケーションを起動しなくてもストップウォッチなどの機能が使用可能になっています。デザインも格好良いので、個人的には非常に期待大です。ビジネスシーンなどでも活躍しそうですね。

 

「特大」文字盤には多彩なコンプリケーションを追加するオプションが加わり、より表示がはっきりとします。とてもシンプルな文字盤なので、「時間の確認をひと目でしたいけどコンプリケーションもちょっと必要」なんて人にはもってこいですね。

 

「写真」文字盤にはカラーフィルタをかけることができるようになります。お気に入りの写真をよりおしゃれに表示することができ、時間を確認するのが楽しくなりそうです。

 

1つのアプリから複数のコンプリケーションの設定が可能に

これまでは、1つの文字盤に対し、1つのアプリからは1つのコンプリケーションしか配置することができませんでした。watchOS 7からはその制限が無くなくなり、複数のコンプリケーションを置くことができるようになります。これ、筆者的には今回1番ビビッときたポイントです…!!

こちらは「Nike+ Run Club」アプリのコンプリケーションを複数配置した例です。ひとつの文字盤の中に、前回走行時のペース、最新の達成状況など複数の情報を表示できています。ランニングを行う人にとっては非常に心強いパートナーとなりそうです。

 

「Glow Baby」というアプリを使えば、赤ちゃんのお昼寝の時間やおむつの交換、授乳の時間などを1つの文字盤で確認することができます。

このように、ひとつの文字盤の中に複数のコンプリケーションを配置できるというのはメリットしかなく、Apple Watchをより日常的に使用したいと思えるような進化点と言えるでしょう。

 

文字盤の共有が可能に

Apple Watchを使い始める時、文字盤の作成が面倒だと感じる時もあります。プリセットの中から選べば良いのですが、その中には使わないコンプリケーションが含まれていたりするので、結局自分で編集する手間がありました。

watchOS 7からは文字盤の共有機能に対応します。自分が今使っている文字盤を友人にメッセージやメールを使って送信することができたり、App Storeからダウンロードすることもできます。また、ウェブサイトのリンクから見つけることもできるようになるので、今までApple Watchアプリからしか見つけることができなかったものの幅が非常に広がります。

 

ついに睡眠の計測に対応

これまでApple公式の睡眠トラッキングアプリは提供されていなく、「AutoSleep」や「Pillow」などのサードパーティ製睡眠トラッキングアプリが有名でした。しかし、今回ついに公式の睡眠アプリが登場です。

寝る前に特定の動作(ルーティン)を行うことで、身体が寝る準備に入り、より質の高い睡眠をすることができるそうです。この「睡眠」アプリの就寝準備機能を使うことで、例えばお気に入りの音楽を再生したりと、そんな就寝前のルーティンをサポートしてくれます。

 

睡眠モードでは、Apple Watchのおやすみモードがオンになります。上の画像のように画面はナイトスタンドモードのようなデザインの画面になり、画面は自動で暗くなります。これにより、睡眠時に画面が明るくなって睡眠が妨げられることを防ぐことができます。また、就寝時間の1時間以内にバッテリーが少ない時は通知されます。

 

起床時には現在のバッテリー残量と天気が表示され、1日の始まりがスムーズに進むような画面になります。計測した睡眠の情報はデバイス上かiCloud上で暗号化され保管されるので、安心して管理することができます。

 

手洗い検出機能が追加

この機能、個人的には非常に面白くて好きです。手を洗う動きと水の音などを検出すると、20秒のタイマーがスタートします。感染症が世界中で流行している今、非常に良い機能だと思います。

このような20秒のカウントダウンが手洗いをサポートしてくれます。ちなみに、手を洗う時間が短いと「もっと洗いなさい」と言われちゃうみたいです。笑

手を洗うということは健康管理に非常に関係してきます。手を洗った時間や頻度の情報はヘルスケアアプリに表示され、自分がどのくらいしっかりと手を洗えているかを確認できます。

 

watchOS 7はいつから配信されるの?

AppleによるとwatchOS 7は、2020年の秋に公開となっています。大体iPhoneが秋に発売されることから、同じタイミングでリリースとなるのではないかと言われています。

一応、過去のwatchOSのリリース日をまとめてみました。

watchOS 1 2015年4月24日
watchOS 2 2015年9月21日
watchOS 3 2016年9月13日
watchOS 4 2017年9月20日
watchOS 5 2018年9月17日
watchOS 6 2019年9月20日

まとめてみると、「9月の第3週目」にリリースされていることがほとんどで、同じく9月第3週目になるのではないかと予想しています。

また、2020年モデルとして発売が予想される「Apple Watch Series 6(仮称)」の噂まとめや、発売日予想はこちらの記事にまとめていますので、参考にしてみてください!

【噂まとめ】どうなるApple Watch Series 6!発売日も大予想!!2015年4月24日に初代Apple Watchが発売されて以降、様々な進化を遂げてきたApple Watch。2019年9月20日に発...

 

まとめ

筆者は、watchOS 7になることで、Apple Watchを身に着ける時間がさらに増えそうという印象を受けましたが、皆様はどうでしょうか?機能が拡張されることで便利になるのは間違いないと思うので、ぜひ早く使ってみたいものです。

 

引用元:Newsroom – AppleWWDC 2020 Special Event Keynote – Apple